「Soybean Mealセミナー2019」開催報告~高品質・高効率の米国産大豆ミール、購買決定における栄養コスト視点の重要性を示唆、アフリカ豚コレラ問題、米中貿易摩擦の影響も含めて中国市場動向も解説

クリックよろしくお願いします↓

バイオセキュリティプランをどんどん更新していく必要性がある

アメリカ大豆輸出協会が10月17日に「Soybean Mealセミナー2019」を東京で開催しました。

 

この日は、飼料メーカー、搾油メーカー、商社の購買担当者など46名の方とメディア関係16名が参加し開催されました。

 

セミナーでの内容を言えば大豆ミールの経済的優位性などをMatthew Clark 氏が語っております。

 

栄養面での高効率な原材料の配合により飼料の質を高めることで大豆ミールを作るコストを下げているそうです。

 

 

あとアフリカ豚コレラ問題もセミナーでは語られております。

 

この問題に関してはIani CHIHAIA 氏が説明しております。

 

大昔にコレラ菌が発見され一度は根絶したがまた今はどんどん色んな国に広がってしまっております。

 

その広がりを防ぐ対策などを語ってくれております。

 

飼料工場で新しいバイオセキュリティプランをどんどん更新していく必要性があるそうです。

 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事