セリで他に買い手がない馬たち「クラウドファンディング」で購入。千葉県八街市の馬の専門学校「馬事学院(バジガク)」学生たちが育て6月7日の大井競馬4Rでデビューへ/313kg過去最少馬のデビューへ

クリックよろしくお願いします↓

バジガクモミジ号は、現在313kgの小柄な馬

馬の学校である「東関東馬事専門学院」の生徒達が育てたバジガクモミジ号が6月7日にデビューすることになりました。

 

この馬はセリで買い手がつかなかった馬でありますけども、それだけでなく現在313kgという競走馬としてはとても身体が小さいの特徴的なのです。

 

この馬は上記でも書いたとおりで生徒達が手塩にかけて育てたわけなんで、デビューまでこぎつけられたことはかなり嬉しさもひとしおなのではないでしょうか。

 

5着までに入れば賞金が発生するわけなんで、なんとか入着してほしいなあって願っております。

 

バジガクモミジ号って名前もすごくいいですよね。

 

市場で評価されなくとも、頑張って育てる事で勝てる馬になることを生徒達も証明したいのではないでしょうか。

 

ちなみに発走は6月7日大井競馬場の第4Rであります。

 

セリで他に買い手がない馬たち「クラウドファンディング」で購入。千葉県八街市の馬の専門学校「馬事学院(バジガク)」学生たちが育て6月7日の大井競馬4Rでデビューへ/313kg過去最少馬のデビューへ

 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事